ZEH目標

ZEH(ゼッチ)とは
ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を正味「ゼロ」以下にする住宅です。

住宅・建築分野は我が国のエネルギー消費量の約3割も占めています。加えて世帯数・床面積の増加やライフスタイルの変化でエネルギー消費は増える一方です。特に熱帯夜や猛暑により、冷房使用が増し温暖化をさらに進めています。そのため住宅での省エネルギー化が課題となっております。戸建住宅の省エネ基準適合率は十分には進んでいないのが現状です。また政府は「規制の必要性や程度、バランス等を十分に勘案しながら2020年までに新築住宅・建築物について段階的に省エネルギー基準の適合を義務化すること」としています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。 地球環境にやさしい暮らしを目指し、政府は新築住宅のゼロ・エネルギー化を推進しています。

2016年度10%
2017年度30%
2018年度55%
2019年度75%
2020年度100%

ZEH目標

ZEHに取り組んでいます。

ZEH(ゼッチ)とは
ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を正味「ゼロ」以下にする住宅です。

住宅・建築分野は我が国のエネルギー消費量の約3割も占めています。加えて世帯数・床面積の増加やライフスタイルの変化でエネルギー消費は増える一方です。特に熱帯夜や猛暑により、冷房使用が増し温暖化をさらに進めています。そのため住宅での省エネルギー化が課題となっております。戸建住宅の省エネ基準適合率は十分には進んでいないのが現状です。また政府は「規制の必要性や程度、バランス等を十分に勘案しながら2020年までに新築住宅・建築物について段階的に省エネルギー基準の適合を義務化すること」としています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。 地球環境にやさしい暮らしを目指し、政府は新築住宅のゼロ・エネルギー化を推進しています。

アネストでは ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)受託目標率を以下の通り策定致しました

2016年度10%
2017年度30%
2018年度55%
2019年度75%
2020年度100%


PAGE TOP